メルマガバックナンバー

機械を使用した塗装の工程をご紹介!

細田木材工業の塗装工場には、フローコーターとロールコーターという塗装機械がございます。

今回はそのうちの1つ、ロールコーターでの塗装の一例をご紹介いたします。

写真の材料は杉の板です。
厚みは1mmで、幅は10mmと50mmの2種類あり、これに自然オイル塗料のブラック色を塗装しております。
お客様の依頼で、木口を含めた6面を2回塗りという工程です。
今回の幅であれば材料の断面を立て向きに機械塗装できるため、刷毛塗りよりも均一に仕上げることができます。
とくにブラック等の濃い色は、塗布量の差によって濃淡が目立ってしまうため、機械塗りによって仕上げたほうがより均一に、きれいに仕上がります。
オイル塗装の依頼が多いのは、ウッドデッキ、外壁・軒天等、外部に使用する製品です。

少量からまとまった量のご依頼にも対応しておりますので、ぜひご利用をお待ちしております。

 

今週の『アコヤ』

写真の『アコヤ』は、鋸目加工と呼ばれる、板の表面に帯鋸で荒挽きした時のようなノコ目跡を残した加工方法です。
使い古したようなアンティーク感を表現し、ワイルドな雰囲気も演出。
フローリングや羽目板、天板、扉など無垢材の良さをより一層引き立てます。

湿気や水分からの影響を受けにくい『アコヤ』は、他の木材に比べ寸法安定性に優れた木材です。
加工・塗装によりデザインの幅が格段に広がります。

 

原稿担当:生産本部 勅使川原 敦

 

 

 

« »