メルマガバックナンバー

第490号 三次元加工のご紹介

NCルーターでの三次元加工を紹介いたします。

傾斜した天板のコーナー部分の部材が必要な場合、二次元での曲面くり抜き加工では取りつけられません。

傾斜と曲げ加工の組み合せではねじる必要がありますが、木材をねじることは至難の業と言えます。こうした部材は三次元の加工が必要です。

3Dプリンターならどんどん出来そうですが、木材の場合は大きな部材から削り出す必要があります。
それを可能にするのが三次元NC加工機です。

写真では非常に分かり難いですが、競輪のバンクの様に加工されております。

 

原稿担当:ウッドデッキ事業部 近藤辰也

« »