メルマガバックナンバー

第553号 CLT活用

杉C・L・T(クロス・ラミネイティッド・ティンバー)を活用した加工材を御紹介致します。

C・L・Tは、繊維方向が直交するように積層接着した材料で

多くは構造躯体などに使用されます。

今回は、事務所の棚に活用した事例で、

大きさは450X450X450(奥行)が中心、900X900X450(奥行)まで。

素材の厚みは36mm使用なので非常に重厚であり、

そして杉の自然な感じの木目が強調された素晴らしいものとなりました。

 

原稿担当:不燃事業本部 齋藤 三郎次

« »