メルマガバックナンバー

第19回:新しい「特殊液体ガラス含浸コート剤処理」のお知らせ

1液常温硬化型のハードコート剤です。

塗膜を作らない含浸形コート剤を使用する為ほとんど塗工感が無く、
木材の自然な風合い、木目、導管が生かせます。

通常含浸型塗料でムクの腰板やフローリング材の自然な風合いを出すには、
オイルフィニッシュが多く使用されますが防汚性が悪く、汚れやすい問題があります。

この特殊液体ガラス含浸コート剤はガラス薄膜を形成して
一般の塗料には見られない薬品耐性があります。
その為、メンテナンス方法の選択肢が広がり、油性マジック、クレヨン、
絵の具、インク、しょう油などによる汚れも中性洗剤、シンナーで汚れを落とすことが出来、
耐薬品性が高いので塗装表面を傷めません(外観の変化が見られません)
その為、保育園や幼稚園、老人ホームなどの予期しないいたずら書きや汚れを
簡単に落とすことができ、無垢の良さを損ないません。

また通常のオイルフィニッシュや、オイルステイン(着色剤)の上にも塗る
ことが出来るのでオイルフィニッシュの表面性向上や、着色も自由です。
すでに自然塗料を使用して利用されているその上からも塗装が可能です。
また、無塗装で既に使用している店舗のカウンターなどの汚れでお困りの場合もこの塗装は有効です。
相談ください。

そのほか耐擦傷性、防滑性、安全性にも優れ、食品衛生法の基準にも適合しています。
ホルムアルデヒド放散量はF☆☆☆☆レベルです。

リフォーム現場における床、壁面の耐傷性向上にも最適です。
当社で現場でのコートも行ないますのでご相談ください。

« »
あああ