表層圧縮処理による表面強化杉材

表層圧縮処理による表面強化杉材

針葉樹の表面強化法である熱圧ロールプレスによりスギ材の表面を圧縮加工により強化従来のスギ材の風合い、美観、質感はそのままで表面強度・表面硬度・光沢・平滑性・防滑性・耐摩耗性が向上、従来柱材や天井材にしか使われなかったスギ材が床材・腰板・壁面にも利用が出来ます。

製造方法

予め熱可塑性の水性樹脂に木材を含浸しロールプレスで圧縮処理を行い、その後人工乾燥後再び熱圧ロールプレスにより180℃で 表層を10~20%圧縮加工。
用途によりウレタン塗装や特殊樹脂加工を行い表面の性能はさらに向上。
※水性樹脂を使わずに素地を圧縮のみで硬化させることも出来ます。

特徴

表面の圧縮加工のみのため、比重の変化が少なく処理前比重0.38に対し処理後の比重は0.41~0.43で内部の比重が軽いので断熱効果に優れる

樹種 種類 長さ 加工 等級 入数 単位
吉野杉板目 無垢 4000 110 15 本実 節あり 8入
圧縮処理
無垢 160 30  
圧縮処理