メルマガバックナンバー

第164回:スカイツリーの経済効果

スカイツリー経済効果1746億円 治安悪化や渋滞も懸念

開業5日目で早くも100万人を突破、1年間で3200万人が訪れると見込まれている
東京スカイツリータウン。
年間2500万人の東京ディズニーランドとディズニーシーを大きく上回る来場者数で、
その経済効果は全国に及ぶ。

墨田区はツリーによる経済効果を全国で1746億円、区内だけでも880億円と試算する。

ツリー近くには新しい店舗も増えた。周辺の地価も上がり、今年3月に公表された
公示価格では、地価が上昇した都内8地点の内、2地点はツリー周辺だった。

一方ツリー地元の墨田区でも街の活性化を期待する声は高いが、人が集まることで
治安の悪化や交通渋滞も懸念している。
都の補助事業を利用して、電柱や街灯などに計77台の防犯カメラを設置した。
同じ事業で錦糸町は47台、池袋は45台、秋葉原は34台を設置しているが、77台は最も多い。

スカイツリー開業の流れに乗って日本の経済復活を期待したい。
ソラマチの内装には木材が造作材やフローリング等にふんだんに使用されていました。
使用例の写真はこちらから
↓     ↓     ↓     ↓
https://m.blayn.jp/bm/p/aa/fw.php?i=hosoda&c=106&n=__no__
原稿担当:フローリング部 関口

« »
あああ