メルマガバックナンバー

第245号 イぺウッドデッキの再生塗装

ご使用のウッドデッキを長持ちさせるには、再塗装することをお勧めします。
良いものを長く使うには定期的なメンテナンスが必要です。

外部用.塗装のポイント

※いかに木材の表面を紫外線から守るか

濃色の塗料ほど耐候性は高いですが木材の質感はなくなります。

※含浸型保護塗料の塗装ポイント

木材を乾燥させることがポイントです。
含水率が20%以上の木材では塗料の浸透が悪く、高い耐候性は得られません。

※含浸型塗料の塗り替え時期

塗料がはげて木材が見え始めた頃が塗り替え時期です。
再塗装すると木材中への浸透する塗料が大幅に増加するので、
再塗装以降のメンテナンスは初回の2倍位になります。

例えば3年後に再塗装した場合は、次回以降は5~6年位に延びます。

木材はメンテナンスをきっちり行なえば、半永久的に使用が可能です。

※床板(デッキ材)と根太接触部分で腐朽が発生しやすい
→デッキと根太の隔間は毛管現象でいつも水分が入っています。
→根太への塗装処理を充分に行なうことが必要です。

再塗装の時期はこの空気が乾燥した冬季が最適です。

デッキ材自体も乾燥していて、塗料の乾きも早くなります。

弊社では弊社で施工した現場に関わらず、再塗装の工事も承ります。
「イペウッドデッキ再生塗装」の写真はこちらから
↓     ↓     ↓     ↓
http://woody-art.jp/pdf/245.pdf

原稿担当:営業本部 関口

« »
あああ