メルマガバックナンバー

第264号 高耐久木ハードウッドデッキへの改修事例

最近お客様からのお問合せの中に既存の外構材が傷んできたため、改修を行いたい
という内容が増えてきています。

針葉樹で外構材を作られた物件では、立地環境によりますが5年~10年程度で
傷んできている例が見受けられます。
そこで、既存の針葉樹外構材からイペ材を筆頭とするハードウッドによる
外構材への改修をご希望される方が増えてきているのです。

弊社でも、個人邸から公共物件のウッドデッキまで幅広く改修工事を手掛けさせて
頂いております。

そのような案件がございましたらお気軽にご相談下さいますようお願い致します。
高耐久木ハードウッド(セランガンバツー材)デッキへの改修事例
↓     ↓     ↓     ↓
http://www.woody-art.jp/pdf/264.pdf

 

原稿担当:湘南営業所 江川

« »
あああ