メルマガバックナンバー

第52回:安全運転のための事故防止対策

事故の多くの原因は、来ないだろうとか、先に行けるだろうとか、大丈夫だろうとか、止まってくれるだろうなど、だろう運転が大きな事故を引き起こしている。このような場合は、必ず一時停止。

駐車中の車のそばを通り抜ける場合、特に住宅地、学校の前の通り、見通しの悪いT字路などは、急に人や自転車が横切って来るので、徐行を心がける。

安全運転者の心掛け
1.交通ルールを守って、自分で過信してはならない。
2.飲酒運転はする方もさせる方も罪。
3.ドライバーは、高齢者が通りかかったりしたら、常に一時停止を心がける。
4.高齢者に対しては、常に思いやりの心で接する。
5.交差点では、特に右直の事故(車の右折と直進バイク)、高齢者に注意する。
6.自転車は、正しいルールーを守り歩道を走行するのであれば、歩行者に気を配る。

~細田木材の交通安全への取り組み~
・春、秋全国交通安全運動期間中に、新木場駅前で安全誘導の旗振り
・年一回交通安全管理者講習会に出席
・三ヶ月に一度、違法駐車を止めてもらう様、ビラ配りで交通安全の啓蒙活動 などを行っています。

交差点での危険予測の画像はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://magazine.woody-art-hosoda.co.jp/construction/safety.htm

« »
あああ