メルマガバックナンバー

第405号 自転車の安全運転のポイント(12)

自転車との事故を防止するためのポイント

進路変更や道路横断に備える
前方を自転車が走行しているときは、その先の状況に目を配り、駐車車両の障害物がある時は自転車の進路変更を予測してスピードを落とし、先に行かせるようにしましょう。
また障害物がない場合でも、急な進路変更や道路横断があるかもしれないと考えて、自転車の拳動に十分注意しましょう。

参考資料(株)インターリスク総研

<所感>
私が車を運転した経験の中で、バスが停車中に抜こうとしたとき、反対側から自転車が横断してきて、危うく事故を起こしそうになった時があ
ります。
車体の大きいバスやトラックのそばを走行するときは、無理に追い抜かず、周りの状況を判断した徐行を心掛ける。

原稿担当:総務部 細田隆一

« »
あああ