メルマガバックナンバー

第23回:「自分の時間」のための段取り力 ~心得その1~

☆「仕事ができる」ということは、次の2つの条件を満たすこと

1. 仕事の完成度が高い(質的側面)

2. 仕事の完成が早い(量的側面)

例えば「お客様からの信頼が厚い」という事柄を考えた場合、その信頼の厚さの秘訣は、
「お客様の要望に、素早く(量的側面)的確に(質的側面)お応えしている」
という側面があるだろうと思います。

また、「新しい発想がどんどん湧き出てくる」という事柄であれば、
「会社への貢献度が高い(質的側面)アイデアを短期間で多く(質的側面)産み
出している」と言い換えることが可能でしょう。

ここで捕足させてください。素早く(量的側面)を表していることに
「あれ?」と思われる方もいるかもしれません。確かに、「速さ」と
「量」では評価軸そのものが異なりますから、この2つを並べることに違和
感を覚えるのもうなずけます。

しかし、1つの仕事の完成が早ければ、次の仕事もその分早く着手でき、
結果的にたくさんの仕事ができる、ということになるのです。

このことから、ここでは「仕事がはやい=量的側面」というふうに分類しました。

« »
あああ