メルマガバックナンバー

第108回:「住生活基本計画」改訂のご案内

このたびの東北地方太平洋沖地震に被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。
被災された皆様の一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

今回は、平成23年3月15日に改訂された「住生活基本計画」についてご紹介します。

新しい「住生活基本計画」は、平成23年度から平成32年度の10年間を計画期間とし、
各項目の目標数値見直しなどが行われています。
中でも重要なものとして、指標のはじめに記載されているのは
「住宅の耐震化率向上」であり、新耐震基準を満たす住宅ストックの比率を
平成32年度までに95%に向上させるとしています。

今回の大地震を受け、耐震についてお考えの方も多いかと思います。
震災に備え、耐震診断、耐震補強を行っていくことが、
より、不安からの解消となると思います。
国を挙げての耐震に対する施策の促進が今後も図られていくことと思います。

細田木材工業株式会社も加盟しております、日本木造住宅耐震補強事業者協同組合では、
木造耐震リフォームの推進ということでも活動しております。

耐震については各自治体でも助成制度がございます。
(弊社のある江東区では、戸建木造住宅の耐震改修工事費を、一般世帯について50万円まで、
 高齢者同居世帯について80万円まで(いずれも助成率1/2)という制度があります。)

皆様におきましても、各自治体の助成制度を活用して、
安心な住まいの確保をお考えになられてはいかがでしょうか。

細田木材工業株式会社もお手伝いさせていただきます。

現在、アウトレット商品を大特価販売中です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
http://m.blayn.jp/bm/p/aa/fw.php?i=hosoda&c=43&n=__no__

« »
あああ